うにむにもーどるーず

漫画とゲームとアニソンと時々Apple製品についてたまに書きます

でたまか拾遺録3巻(6/5推敲)

アウトニア王国拾遺録3 でたまか 終劇追幕篇 (角川スニーカー文庫)

アウトニア王国拾遺録3 でたまか 終劇追幕篇 (角川スニーカー文庫)

全16冊↓

ちゃうのも入ってますが。

最終決戦とその後の補完。そして巻末に語録集収録。語録はネットには存在しているので、いつでも読めるものの、作者の監修が入ったのと紙ベースで保管できるのが嬉しい。
これで完全な最終巻とのことですが、私はこれで納得できました。作者さんもおっしゃられてますが、小説はやっぱり全部を細部まで描写するのではなく、想像する余地を残してほしいですね。(腐女子の妄想なんて想像の賜物でしょ。)決戦後の主人公の平和な姿は十分に想像できるので、描かなかったのはよかったと思います。生き残らないやろうと思っていた人まで生き残っていたのには少しびっくりしました。で、生き残っていてほしい人が死んでいた。あらためて読み直してみたら、その「彼」は全編通じて不幸だったなぁと。スパーク君*1並みです。

*1:ロードス島戦記3部主人公。仲間のリーフ曰く「スパーク君ってば…、不幸!」